インテリア

賢くマンションを売る方法【住まいにバイバイしよう】

  1. ホーム
  2. 低い競売の落札額

低い競売の落札額

マンション

自己破産になる場合も

福岡で住宅ローンの支払いができなくなると、契約先の金融機関は司法手続きをして物件を競売に出すことができます。金融機関はこの売却で貸付金の回収を行うのです。しかし福岡では一般的に競売では市場価格の6〜7割程度の金額でしか入札されません。売却してもローンの残金にほど遠い場合が多いのです。そのため競売後も残りのローンを返済し続けなければなりません。それが無理な場合は自己破産してしまうこともあります。自己破産してしまうと社会的信用もなくなってしまいます。このような事態を防ぐためにも競売はなんとしても避けたいものです。その場合福岡では競売ではなく任意売却という形をとる手段もあります。任意売却は債務者が通常の取引と同じ形で不動産を売ることができます。そのためには債権者である金融機関の同意が必要です。任意売却では競売より高い金額で売却できるためローンの残金の負担も減ります。またローン残金より価格が上回る場合もあるのです。競売で物件が落札されたらその日に立ち退きを命じられることもあります。任意売却なら住宅の退去時期は余裕を持って決めることができます。また購入者と交渉して家賃を払いその家に住み続けることができる場合もあります。そして生活に余裕ができて新たにその住宅を購入した人もいます。任意売却は債権者との交渉や書類の手続きなどが複雑なので福岡の専門の不動産業者などに相談したほうがいいでしょう。この場合手数料は売却金額から差し引かれるので事前に支払う必要はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加